« 合格祝賀会 | トップページ | 悪夢の一年? »

2006年3月16日 (木)

おとこと・・・・おんなのぉ~

おはよ~ございます。休みの日は相変わらずダリダリのmusashiです。

今日は日々の生活から疑問に思うことを一つ・・・・

男と女の違い。

外見の話じゃないですよ。

内面の違い。

どうしてこうも違うのか?

違うからゆえにすれ違う。

ぶつかる。

不満がでる。

ケンカにもなる。

なかなかうまくいかないものです。

そこでちょっと違う点を簡単に羅列してみることに。

まずは男

①物事はよく考えてから実行する傾向にある。

②気持ちは言葉ではなく普段の態度で表すものだと考えている。

③薄っぺらい考え方が嫌い。

④彼女には弱い部分を見せたがらない。

⑤気持ちに素直じゃない。

これに対して女性は・・・

①物事はその場の雰囲気や気持ちに従って行う傾向にある。

②気持ちはわかりやすい言葉と態度で表すものだと考えている。(例えば好きと言葉に出すなど)

③多少薄っぺらくても男性には言葉でしっかり気持ちを伝えてほしいと思う。

④弱い部分をみせる、または相手の弱い部分を見たいと思う。

⑤自分の気持ちに正直である。

ざっとこんな感じかな??

特に恋愛のことに関するととってもすれ違いやすい両者。

いわゆる「男の考え方」「女の考え方」というやつで、

お互いに異性の考え方には納得いかない様子。

それもそのはず、真逆ですからね^^;

じゃあこのまますれ違ったままでいいの??

そうは言いません。

僕が思うに、すれ違いを避けるには「待つ」ということが重要だと思います。

多くの場合、女性が男性に正直な言葉や態度を求めて、男性がイライラしてしまいます。

これは、女性の要求があまりにも頻繁だからという原因があります。

もちろん悪いのが女性といってるわけではありません。

男性もね、もっとスピーディーに反応できればいいのですがね~・・・

でも、大概の男性というのは①のように、考えるのに時間が必要なのです。

女性からすれば「好き」と言うだけだから簡単じゃん!!と思うかもしれませんが、

男性からすると彼女に「好き」と口にするのはとても恥ずかしいことなのです。

なので、僕ら男性は『言葉の中に好きという気持ちを含ませる』ということをします。

例えば「○○と一緒にいると楽しいよ」とか、

「○○って、ほんとしょうがないやつだよなぁ~」とか、

女性からすると「は!?」という感じでしょうね・・・

でもこの言葉の中には男性からの愛のアピールが含まれているんです。

まず、しっかり名前を入れているということ。

そしてその相手と一緒にいることで自分が嬉しい、楽しい気持ちになっているということ。

「しょうがないやつ」、というのも遠まわしに「お前はほんとにかわいい子だよ」

と言ってるのと変わらないわけ。

つまり、「君のことが好き」って言ってるのと変わらないと考えてるのです。

とってもわかりにくい頭してますね。

なんせ素直じゃありませんから。。。。

ゴスペラーズの歌詞にもありますよね。

「愛してるって最近言わなくなったのは、本当にあなたを愛し始めたから」

ひとり Music ひとり

アーティスト:ゴスペラーズ
販売元:KRE
発売日:2001/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これが男性の本音にとても近いと思います。

ただ、女性はそれじゃ安心感は得られないわけです。

だからたまには男性も気持ちを込めて彼女に「好き」と言ってあげましょうね♪

といって出来る男性がどれくらいいるかはわかりませんが・・・

以上のことはかなり自分の考えかたが入ってるし、

こういう考え方ではない男性、女性もいるので必ずとは言えませんが、

参考程度になるかとは思います。

この記事を参考にしてもらって、うまくいくカップルが増えると嬉しいな~なんて思います。

でしゃばりました。すんません><

|

« 合格祝賀会 | トップページ | 悪夢の一年? »

コメント

ほぉ~考えましたねぇ(´∀`*)
なになに、男性は彼女には弱い部分を見せたがらないの?どうなんだろ…
タイプによるよね。当たってるとこもあるけど私も恥ずかしい言葉とか照れくさくて言えないなぁ(^◇^;)もしや私って男!?(笑)

投稿: すずらん | 2006年3月16日 (木) 18時57分

お、いらっしゃ~い^^
なんか改行しっぱいして読みにくくなってるな・・・

そうだね~、タイプにはよるけど、やっぱこんな感じのが一番多いっぽいよ。相談のったりしてるといつもこんなんばっか(汗)

すずらんさんは~…ワイルドな女性w

投稿: musashi | 2006年3月16日 (木) 19時21分

レクチャーありがとう。
この記事、プリントアウトして持ち歩きたい衝動にかられます(笑)

ゴスペラーズの「ひとり」って、そう考えると奥深いものがあるね。
今まで歌詞の意味がわかってるようで、わかってなかったんだけど…納得。

投稿: sayaka | 2006年3月16日 (木) 19時42分

どうぞどうぞ、持ち歩いてくださいな♪
ゴスペラーズの「ひとり」はかなり男的な考えかたの歌詞だからね~。女の子には理解できない部分ってのがあるかと思う。でも、俺も含めて男って確かに歌詞みたいな感情というか、考え方はもってると思うな。

まぁ人それぞれだから「これが正しい!」なんてものはないからね、言い切ることはできないんだけど。。。あくまで参考程度にね^^;
でも、話聞いてる限りsayakaさんとこは大丈夫だと思うので~。待ちで(笑)

投稿: musashi | 2006年3月17日 (金) 00時51分

男女のどちらの考え方もわかっててすごいね。

言われてみると、男の人はそういう「言わなくてもわかってほしい」的な考え方なのかなと思う。きっとシャイなんだろうね。
で、女の人は「言葉にしてくれなきゃわからない」って考えたりですれ違っちゃうのかな。考え方の違いって難しいね。

女の人も、男の人の「気持ちが含まれている言葉」とかを感じとれるようにアンテナはってないといけないのかもね・・・。
でもきっと、たまには言葉でストレートに伝えてもらうのも待ってると思うよ。
えらそうなこと言って、ごめんよ~。

投稿: taka | 2006年3月22日 (水) 01時27分

いやいや~、偉そうでもなんでもないよ~。
確かに男ってやつはなかなか本当の気持ちを言葉に表さないもんだよね。俺はどっちかっていうと言っちゃうタイプなんだけど^^;

そのアンテナだけど、それがとても難しい。女の子からすれば男の言葉の中に含まれてる気持ちを察するアンテナ。男からすれば女の子の「正直でピュアな気持ちを表現してよ!!」という想い。このすれ違いが一番の悩みの種だと思うね。

でも、そのすれ違いがまた恋愛を楽しくしているというか…いつも成功ばかりじゃおもしろくないもんね。お互いに気持ちをぶつけ合って、お互いの気持ちを確かめ合ってこそ本当の愛情が生まれるのかな~なんて思ってます。

投稿: musashi | 2006年3月22日 (水) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54901/1054535

この記事へのトラックバック一覧です: おとこと・・・・おんなのぉ~:

« 合格祝賀会 | トップページ | 悪夢の一年? »