2009年4月 1日 (水)

嘘が許される日なんだっけ?

そしたらこれでもかってくらい嘘ついてやろう。

と思うと…逆にウソってなかなか思いつかないものですねぇ。。

どう考えたって嘘としか思えないことしか思いつかない…

微妙なところだと本当に騙せるんだろうけどなぁ。。

嘘をつかないエイプリルフールは久しぶりです。

さて、新人さんが来ましたよー

7人!まだ名前覚えきれてないよ~sweat01

まぁ、あっちも覚えてないだろうけど(笑)

7人中女性5人という、最近の社会の流れがわかるような…

とりあえず後輩に負けないように日々奮闘するのみだな~

明日は木曜日!僕が一番忙しい日ですshock

しかも明日はもうやっちゃう、新人歓迎会。

その幹事だったりするからもう大変ですよcrying

明日は一日胃が痛いなぁ。。

| | コメント (0)

2009年3月27日 (金)

初恋の人からの手紙

musashi、元気にしてる?
今でもカブトムシを育てていますか?なぜか幼虫からメスしか育たない残念なmusashiをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にmusashiが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう9年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、何か伝えたいことがあるとか用事があるとかではないんです。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけなんです。ふふ。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、なんだか、私が空回りしていたのかなぁと思って恥ずかしくなります。musashiは、なんだかんだと文句ばかり言う私に「そのツンツンしたところがかわいいんだよな」なんて理解を示してくれたけれど(何様だとも思ったけれど)、私はずっと子供のままでしたね。あのころからすでにmusashiはおじいさんのように穏やかでした。

私はともかくmusashiにとっては初恋の相手が私だったんですよね。そうそう、最初のころのmusashiは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていましたね。家に帰ってからすぐ洗ったけど、musashiが幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。

告白するときのmusashiは、必死で「一生大事にするから」とか酔っ払ったことを言っていましたね。とても嬉しかったのですが、お別れしたときには、やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。後先考えないところはmusashiらしいとも思いました。

総括するなら、musashiと付き合えたことは、とても感謝しています。特にmusashiとの恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はmusashiが大好きでした。これからもmusashiらしさを大切に、あと当時本気でやっていたパントマイムの練習は続けて(笑)、いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 将来マッチョになるって言ってましたよね?どうなりましたか?
musashiさんについての分析結果は以下の通り。
【短評】
しっかり者であり、リーダー気質。女性を引っ張るタイプだが、配慮もできる。ただし弱味を見せない。
【あなたの恋愛事情を考察】
musashiさんは基本的に、ふられるよりはふる側になることが多いと思います。ふられる側になることがあるとしても、musashiさんの気持ちが分からなくなった相手が、不安のあまり自ら逃げ出すような形でしょう。

musashiさんは、わりと恋愛において「強者」の側にいるのだと思います。また人に頼られるのは好きでも、何事も相手に頼ったり任せたりするのはあまり好きではないのではないでしょうか。それが相手を不安にさせるのです。「私、いる意味あるのかな」と。

ここから言える、musashiさんにありそうな問題点を列挙します。

◆隙や弱味を見せないことで相手に不安を抱かせる。
◆初対面でオーラはあるがとっつきにくい。かわいげがない。
◆相手からするとmusashiさんの気持ちが分からない。
◆結果として相手が不安になり、ネガティブになる。musashiさんはそれを重苦しく感じる。
ふむぅ…
合ってるような、合ってないような…わからん。。
幼虫からメスのカブトムシしか育たないのは本当に残念だわ…笑
初恋の人から手紙が届きました、というシチュエーションらしいです。
やりたい方はこちらから~

| | コメント (6)

2009年3月13日 (金)

あっち!!!

ドライヤーで髪乾かしてたら…

近づけすぎた…

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

気になること①

「果汁10%未満」

で・・・

結局、何%なの??

| | コメント (2)

2009年2月 9日 (月)

危ないなぁ、もう

満員電車の足もとに物を置くなsign03

久しぶりに電車の中で転びました。

乗ってくる人たちにぶりぶり押されて

奥に追いやられていると

突然足元に何かが突っかかって動けなくなった…

でも、後ろからはぶりぶり押されてて

耐え切れずにどった~ん。

すげ~恥ずかしい…

犯人は高校生。

悪びれもしないガキんちょにイライラannoy

こんなところでキレても仕方ないと思いつつも

転んだのが僕だからまだいいけど

お年寄りだったら大惨事だよ?ということだけは伝えたかったので

一応注意。

「ち・・・うるせーな」みたいなことを言われ

あー、ダメだこいつ。馬鹿だ。

と、もう注意する気も失せてしまいました。

満員電車、お年寄りなんて乗ってないと思いきや

何気に乗ってることも多いんです。

60過ぎたおばあちゃんなんて、転んだらあっさり骨折しちゃうので

そこをわかってほしかったんだけどなぁ…

君、自分で責任とれるの?と言いたかったけど

頭悪そうだったからそれ以上は言わず。

なんというか…そういう簡単なことも想像できない若者が増えてるよなぁ。

別に怪我がうんたらまで考えろとは言わないんだけど

満員電車で、足もとに鞄置いてたら誰かが躓くのに決まってるのに。

しかも、手空いてるのに。

こんなこと、人に教えてもらわなくても

電車に乗ってれば自分の経験でわかりそうなもんなんだけどねぇ…

勉強できるできないの頭より

そういう頭を先に鍛えてほしいです。

| | コメント (4)

2009年2月 1日 (日)

ひきこもり気味

最近、休みに出かける元気がなくて

休みの日は家でグータラが増えてきてしまいました。

休みの日しか布団干せないっていうのもあるんだけど…

そういえば、今日から二月なんでしたっけ~

ついこの前、年が明けたばっかりのはずなんだけどcoldsweats02

寒さの本番もこれからですね。

この一か月を堪えれば、僕の大好きなジャケットスタイルにもってけるのか~up

3月、4月は花粉が困るけど、服装に関しては好きな季節なんですよ。

秋も好きだけど、秋はほら、ちょっと色が暗いじゃないですか。

その点、春ものは色も明るくて、気分も明るくなれるのでhappy01

明日から実習生が来ます。

実は、先週から一人来てるので、同じ時期に二人の実習生がいる状態に。

狭いリハビリ室ですが…のびのびやってもらえるといいなぁ~。

明日からまた頑張ろうdash

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

好きなんだもん

オリオン座が。

というわけで、期待した人すいません。

好きなんです、オリオン座。

理由はわかんない…

でも、冬になって空気が澄んできたときに

ふと空を見上げた時に見える、あの砂時計みたいな形が

とっても大好きで…

みなさんは好きな星座とかありますか?

あ、星座と言えば、星占い。

なんだけど

でも、忘れちゃいけないのがギリシャ神話。

僕は別に宗教家でもないし、というかむしろ宗教なんて全く信じてないし

信仰もないんだけど…

神話は好きなんです。なんか面白くてnote

通常ではありえないようなことを、まるであったかのように

真面目に説いているあの感じ

面白いです、うん。

で、星座って、全部神話と関連づいてるって知ってましたか?

え?馬鹿にすんな?そうですよね。。

信仰深い方なら知ってるんだろうけど、オリオン座の由来をちょこっと。

色んな説が唱えられていて、どれが本当(そんなもんあるのか?)の由来かわからないけど

ひとつだけ紹介。

オリオン座(オリオン)は、神話の中では海の神ポセイドンの子供とされていて

とても力のある猟師だったそうな。

ところが、このオリオン。とっても乱暴な性格だったらしく

それにほとほと困った大地母神ガイア

さそり(さそり座)を使ってオリオンを刺し殺してしまう。

オリオンは元々神の子だし、サソリも神に命令された代物。

なので、二人ともめでたく(?)空に上げられて、星座になるんだけど

星座になってからも、この二人の関係は続くんです。

そこまで考えてあるってのがまた面白いgood

星座って、季節で一周するじゃないですか?

それと関わっていて

冬になるとオリオンは偉そうに天に昇るのだけど

やがて季節が流れると、東の空から、さそりが上がってくるんです。

さそりの姿が見え始めると、オリオンはコソコソと姿を消してしまう。。

誰が考えたんだろうねぇ・・・こんなの。。

しかも、まだ続きがあるんです。

とっても力の強い、有名な狩人であるオリオンを一撃で仕留めるほどのサソリです。

神様が黙って天にのさばらせておくわけがありません。

そう、監視役がいるんです。さそりの。

それが、さそりの隣にいる、いて座のケンタウロスケイロンらしい。

ケイロンは、狩猟の名手であるアルテミスから弓を教わったという弓の使い手。

その腕を買われて、もしさそりが暴れ始めたら即射殺すという使命を与えられて

天に上げられた。らしい。

でも、このケイロンの話自体は、ギリシャ神話には登場しないんだって。

不思議だよねぇ・・・なんだかごちゃごちゃでわからんちんだけど。。

だけども、です。

自分が大好きなオリオン座を

間接的に助けているいて座が、僕の星座であるっていうのは…

なんか運命感じちゃう(え)

真面目に読んで、どっぷりつかっちゃうと「え…なにそれ」ってなっちゃうけど

自分の星座の前後関係くらいを軽い気持ちで見てみると

ギリシャ神話って結構面白いですhappy01

何気にね、おっちょこちょいな神様もいたりして面白いんですよ~

変に人間味がある神様もいたりして…不思議と親近感がわいてきます。

そんなわけで、興味があったら調べてみると面白いかもですlovely

| | コメント (2)

2008年11月27日 (木)

ひらがな戦争

朝のラッシュはまさに、ひらがなの戦いです。

どう頑張っても座れないうちの電車。

もちろん立ってるんだけど、今日は足の位置がひじょーに悪いdash

自分の錯覚じゃなければ、自分の体の位置に対して

どうも足が右にありすぎるような…う~ん…

身体が左に流れてくよ?

足を出そうとしても、そこには高校生の鞄と足が…

鞄踏んでいい…?(笑)

そういうわけにもいかないので、僕は自分の力で立つことを諦めて~…

高校生に全てを預けることにしましたgood

支え合いが大事だよね、うん。

身体がすっごい「く」の字。

よく立ってるな、自分…

ん?立ってないのか?

電車を乗り換えた今は平和な一時。

自分の力で立てるって素敵だねぇhappy02

| | コメント (2)

2008年11月10日 (月)

最近の高校生は…

何をしでかすかわかりません。

まぁ…その子が変ってるだけなのかもしれませんが。。

僕は職場に通うのに、とある駅を降りて

公園をとことこ歩いて行くのですが

その駅の近くに、某高校があるんです。

なので、朝はいつも駅前が高校生でごったがえし。

電車もすごい混んでて

「うぃ~・・・今日もかよーdash

と、電車の半分を埋め尽くす高校生にうんざりしながら通勤。

いつもの日常。

いつものように、駅前のコンビニでお昼に食べる物を買って

公園に入るのですが

そこでほぼ毎日、すれ違う高校生の子がいるんです。

少しスラッとした、細身の女の子。

あまりに毎日のようにすれ違うもんだから

なぜかお互い会釈して通るんですよね…変な感じ。

ところがどっこい、今日は微妙に違って

僕が耳からイヤホンはずしてたせいもあるのかな…

階段を降りてると、例の子が階段を昇ってくる。

あ、またいるな~と思って、会釈しようとしたら

「あの…お兄さん。。いつも見てますsign03

・・・へ?

「あ、あの。。変な意味じゃなくて…お兄さんの服、毎日違ってすごいなってsweat01

あぁ…びっくりした~。。そゆことねcoldsweats01

ん…ってか、そんなところ見てるのね…

僕が高校生のときは、ファッションとかあんまりだったので

周りの人の服装なんて気にも留めなかったんだけどなぁ…と思いつつ

「あ~、そうなんだ。どうもー」

と、適当に返事。(ゴメンネ)

なんか変な人に思われても嫌だと思って、さっさとその場を離れようとしたんだけど…

「お兄さん…ジャケットだけで何着持ってるんですか??毎日違いますよねぇ?」

まだ続くんかいsweat01sweat01

「ん~…どうだろう。。10着くらい?かなぁ…」

…返事すんなよ、おれ。。

なんで階段の途中で止まって、名前も知らない子と話してるんだ…

院長が新患出しまくって、初めての人とも平気で話せるようになってしまったんじゃないか。。

前だったらもっと警戒してたはずなのに…

朝から自分の頭の中がちんぷんかんぷん。

「ごめんね~、もう仕事行かなきゃいけないからさsweat01

「えsign02お兄さん社会人なんですか??大学生だと思ってました…」

こ、こらsign03 くそ~・・・気にしてることを。。

えぇ、えぇ。いまだに飲み屋に行って年齢確認されることありますよ。。

でも、自分、もう24ですから…

来年になったら、四捨五入で30ですから…

「こう見えても大人なんだよ~sweat01若く見られるけどね…笑」

「駅にいる子、だいたいみんなお兄さんのこと知ってますよhappy01 一週間で同じ服着てるとこみたことないって有名なんです。」

どんな有名人ですか…自分。。

「もう社会人なんですね~。またお兄さんで話題になりそうですnote

・・・

なんでいつもこうなんだ。。。

なんかいつもネタにされてる気がする…

いらん、いらんよ?そんなネタ…

これからどんな顔してすれ違えばいいのかわからんじゃんねdash

いっそのこと、一週間毎日同じ服でも着てやろうか。。。

| | コメント (6)

2008年9月24日 (水)

カマキリくん。我が道を行く

「ここはどこなんだろう?

食事も終えて、おてんとさまが顔を隠したから

家路につこうと思えば、ずいぶんと明るいところだな…

おれの頭の上に、やけに身体のでかい奴らがたくさんいる。

あれが親父が言ってたニンゲンとかいう奴らなんだろうか?

それにしてもすごいな、みんな浮いてるぜ?

おれはこうして地べたにくっついて歩いてるけど

二本足でぶら下がってるのと、身体をべったり壁にくっつけてるのがいるな。。

おっと…なんだなんだ?突然動き出したぞこれ。。」

電車に乗って、カマキリくんは行く。

見知らぬ新天地へ。

「おっとっと!!突然止まるんじゃねぇよ!危ないじゃないか!

ん?誰か近づいてきやがる…俺を狙ってるのか?

それにしても…さっきから歩いても歩いてもちっとも進まないな…

こっちでいいんだよな? ん?こっちか??」

カマキリくんは袋の鼠。

どうやら隅っこに追い詰められてしまったご様子。

「おいおい、そろそろ家に帰らないとよ…

あぶねぇ!!なんだこいつ!!四角いの投げてきやがった!!

ちょっと離れよう…まったく油断も隙もないな。。

またいつ攻撃してくるかわからん…距離をとって警戒しないとな。。」

乗客の一人がおもむろに鞄を棚へ上げる。

カマキリくんは大ピンチです!!

「とりあえずこっちだな、こっち…よしよし、大丈夫そうだな。。

ん?なんかまた動いたような…俺、帰れるのかな・・・不安になってきたよ。。」

プシュー…

「なんだなんだ!!?うわー!!!!!!!!!!」

ドア、開きます。

「おわわわわ!!!!!あぶねぇ!!!!!」

ドア、閉まります。

「・・・」

カマキリくんは行方知れずになってしまいました…

はたして彼は生きているのでしょうか?それとも…

| | コメント (2)

より以前の記事一覧